バズlog

話題の出来事について見逃しているかもしれない注目のトピックをお届けするブログです

Xに飽きた人に朗報!新しいSNS「Bluesky」が話題に

 

SNSの世界に新たな風が吹いています。
X(旧ツイッター)の元CEOであるジャック・ドーシーが立ち上げた新しいSNS「Bluesky」が、ついに一般公開されました
このプラットフォームは、Xの代替として注目を集めており、すでに300万人以上のユーザーが利用しています。

Blueskyとは?

Blueskyは、2019年にドーシーによって発表されたSNSプロジェクトです。
ドーシーは、Xが抱える問題を解決するために、分散型のSNSを作ることを目指しました。
分散型とは、ユーザーのデータが一つの企業に集中するのではなく、独立したサーバーに分散されるという仕組みです。
これにより、ユーザーは自分のデータを自分で管理できるようになります。Blueskyは、2020年2月に招待制でサービスを開始しました。
しかし、2022年10月にイーロン・マスクがXを買収し、月額課金制や投稿数の制限を導入したことで、Xのユーザーの多くがBlueskyに移行しました。
Blueskyは、ウェイティングリストに登録するか、既存のユーザーから招待を受ける必要がありましたが、今年2月6日に招待制を廃止し、誰でもサインアップできるようになりました。

Blueskyの特徴

Blueskyは、Xとは異なるいくつかの特徴を持っています。
その中でも注目すべきは、フェデレーション機能です。
フェデレーションとは、ユーザーや開発者がプラットフォームを自由にカスタマイズできるという機能です。
例えば、ユーザーは、自分の興味に合ったユーザーの投稿を優先的に表示したり、ヌードや暴力などのコンテンツに対して「隠す」「警告する」「表示する」などの設定を選択したりできます。
開発者は、自分でサーバーを構築して、Blueskyのネットワークに参加したり、独自の機能やデザインを追加したりできます。
BlueskyのCEOであるジェイ・グラバーは、ワシントン・ポストのインタビューで、フェデレーション機能は「ユーザーの選択肢と自主性を高める」と述べています。
また、Blueskyは、他のSNSと連携することも可能で、メタのThreadsやMastodonなどのプラットフォームと相互に投稿を共有できます。

Blueskyの今後

Blueskyは、現在300万人強のユーザーを抱えており、同社によると、2月末までにフェデレーション機能を正式にリリースする予定です。しかし、Blueskyのページからは、投稿を行うユーザーの数が減少傾向にあることが分かります。これは、Blueskyがまだベータ版であり、バグや不具合が多いことが原因かもしれません。Blueskyは、Xの代替プラットフォームとして競合する他のSNSとも戦わなければなりません。メタのThreadsやMastodonは、Blueskyと同様に分散型のSNSであり、それぞれ1億3000万人と870万人のユーザーを持っています。これらのプラットフォームも、Xの変化に不満を持つユーザーの支持を得ています。X自体も、まだ強力なプレイヤーです。Xの月間ユーザー数は5億4000万人であり、そのうち2億2500万人が毎日アクティブに利用しています。XのCEOであるリンダ・ヤッカリーノは、Xは「世界最大のコミュニティプラットフォーム」であり、ユーザーのニーズに応えるために「常に進化している」と述べています。Blueskyは、Xに飽きた人にとって魅力的な選択肢ですが、まだまだ成長の余地があります。Blueskyは、ユーザーの声を聞きながら、より安定したサービスを提供できるように努める必要があります。Blueskyは、SNSの世界に新しい風を吹き込むことができるでしょうか?今後の動向に注目です。

 

当ブログにはプロモーションが含まれています

アップルが「AI」の発表を予告。WWDCで新しいSiriを見ることができるか?

 

 

アップルは、AI(人工知能)の分野で大きな発表を控えていることを示唆しました。ティム・クックCEOは、2月1日の第1四半期業績発表後の会見で、生成AI技術に投資を続けていることを明らかにし、今年(2024年)内に詳細を発表すると述べました。

 

生成AIとは

文章や画像などのコンテンツをAIが自動的に生成する技術のことです。

例えば、GPT-3やDALL-Eなどの大規模言語モデル(LLM)は、人間のように自然な文章や画像を生成することができます。

このような技術は、様々な分野で応用される可能性がありますが、同時に倫理的な問題や社会的な影響も引き起こす可能性があります。

 

アップルは、すでに広義の「AI」や機械学習を用いた機能の開発と導入に精力的に取り組んでいます。

iPhoneiPadで、写真やビデオに含まれるテキストや情報の認識ができるようになったのもこうした取り組みの一環です。

また昨年秋にリリースしたiOS 17では、ユーザーそっくりの声をAI生成する「パーソナルボイス」を提供していました。

しかし、クック氏が今回のように「AI」という場合、まだアップルが公式には製品に組み込んでいない、生成AIを意味する可能性が高いと考えられます。

実際、クック氏は昨年夏には米Reutersの取材にて、明確に生成AIに言及していました

「我々は生成AIを含む、幅広いAI技術の研究を長年行ってきました。人々の生活をより豊かにするため、これらの技術に投資し、革新を起こし、責任を持って製品を進化させ続けるつもりです」と発言していました。

では、アップルはどのような生成AIの製品やサービスを発表するので

しょうか?そのヒントは、同社の代表的な製品であるiOSにあるかもしれません。アップルは、毎年6月に開催されるWWDC(世界開発者会議)で、次期iOSの新機能を発表するのが恒例となっています。

今年は、iOS 18が発表されると予想されています。

 

 

iOS 18には、何が含まれるのでしょうか?

その答えは、Siriにあるかもしれません。

Siriは、アップルの音声アシスタントであり、iOSの中核的な機能の一つです。

Siriは、ユーザーの声の入力に応じて、様々な情報や操作を提供することができます。

しかし、Siriは、現在のところ、生成AIの技術を活用しているとは言い難いです。

Siriは、主に既存のデータやコンテンツに基づいて、あらかじめ用意された回答や応答を返すことができますが、自ら新しい文章や画像を生成することはできません。

 

しかし、これが変わる可能性があります。

アップルの社内情報に精通するBloombergのMark Gurman記者は、同社が新たなAIシステムの基盤技術を開発中であり、これに基づく「より賢いバージョンのSiriが、早ければ来年にも完成する可能性がある」と主張。

そして2024年には発表するかもしれないと述べたこともあります。

またアップル関連情報サイト9to5Macは、iOS 17.4ベータ版を解析した結果、同社が独自のAIモデルを開発している手がかりが見つかったと報告していました。

さらに英Fiancial Time(Ars Technica経由)は、複数の識者やアナリストらが、次期「iOS 18」にLLM(大規模言語モデル)を搭載したSiriが含まれる可能性があると予想していることを伝えています。

LLMを搭載したSiriは、ユーザーの声の入力に応じて、自ら新しい文章や画像を生成することができるかもしれません。

例えば、ユーザーが「今日の天気は?」と尋ねたとき、Siriは「今日の天気は晴れです。気温は最高で25度、最低で15度です。日差しが強いので、帽子や日焼け止めを忘れずに」というような文章を生成することができるかもしれません。

また、ユーザーが「私の似顔絵を描いて」と尋ねたとき、Siriは「こちらがあなたの似顔絵です。どうぞ」というように画像を生成することができるかもしれません。

もちろん、これらはあくまで予想や推測に過ぎません。アップルが実際にどのような生成AIの製品やサービスを発表するのかは、まだ分かりません。

しかし、クック氏の発言や、さまざまな情報源からの報道や分析から、アップルが生成AIの分野で何かしらの動きを見せることは間違いないと言えるでしょう。

 

今年のWWDCで、新しいSiriを見ることができるかどうか、私たちは期待と興味を持って見守りたいと思います。

アップルが、生成AIの技術をどのように活用し、人々の生活をより豊かにするか、そして同時に倫理的な問題や社会的な影響にどのように対処するか、その答えは、近い将来に明らかになるでしょう。

 

 

当ブログにはプロモーションが含まれています

キャプテン翼rivalsとは?ブロックチェーンゲームの魅力と遊び方を紹介


今回は、ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼rivals」について紹介したいと思います。
キャプテン翼rivalsは、サッカー漫画「キャプテン翼」のキャラクターたちをNFT(非代替性トークン)として収集・育成し、他のプレイヤーと対戦できるゲームです。
NFTとは、ブロックチェーン上に存在する、唯一無二のデジタル資産のことです。
NFTは、所有権や真正性が保証され、売買や交換が自由にできるという特徴があります。
キャプテン翼rivalsでは、NFTとしてカード化されたキャラクターを自分の好みに合わせて育て、オリジナルのチームを作り上げることができます。
また、ゲーム内で獲得できる仮想通貨を使って、キャラクターやアイテムを購入したり、売却したりすることもできます。
仮想通貨は、ポリゴン(MATIC)というブロックチェーン上の通貨に変換でき、現金化することも可能です。
 

キャプテン翼rivalsのゲームの流れ

キャプテン翼rivalsのゲームの流れは、大きく分けて2つあります。
ひとつは、ライバルモードと呼ばれるPvE(プレイヤー対コンピューター)のモードです。
ここでは、原作のストーリーに沿って、さまざまなライバルと対戦していきます。対戦に勝利すると、キャラクターの育成に必要なリソースや仮想通貨を獲得できます。
もうひとつは、PvP(プレイヤー対プレイヤー)のモードです。
ここでは、サーバー上の他のプレイヤーとライバルピースと呼ばれるアイテムの奪い合いをします。
ライバルピースは、キャラクターのレベルアップやスキルのアップデートに必要なアイテムです。PvPでは、必殺技やスキルの組み合わせ、属性の相性など、戦略を立てて勝利を目指します。
 

キャプテン翼rivalsのゲームの魅力

キャプテン翼rivalsは、ブロックチェーンゲームという新しいジャンルのゲームですが、サッカーファンやキャプテン翼ファンなら楽しめること間違いなしです。
キャプテン翼の世界観を再現したグラフィックやサウンド、キャラクターの魅力的なセリフや必殺技など、原作のファンなら感動するシーンがたくさんあります。
また、ブロックチェーンゲームならではの特徴として、自分だけのオリジナルのキャラクターやチームを作ることができるという点も魅力的です。
自分の好きなキャラクターを育てて、他のプレイヤーと対戦することで、より深くキャプテン翼の世界に没入することができます。
さらに、ゲームをプレイすることで仮想通貨を稼ぐこともできるので、ゲームを楽しみながら資産を増やすことも可能です。
 

キャプテン翼rivalsのゲームの始め方

キャプテン翼rivalsは、2024年1月24日にスマホアプリ版がリリースされました。
アプリ版では、ブラウザ版とプレイデータを共有できる仕組みとなっており、一度連動操作をすると同じプレイデータを共有した状態でプレイ可能になります。
アプリ版では、課金プロセスにおいてクレジットカード決済が新たに導入されており、より手軽にゲームを楽しむことができます。
アプリ版の事前登録者数が10万人突破に伴い、NFT等が当たる“ガチャ券”を1月31日23時59分までにゲームを始めた全員に4枚配布しています。
さらに、新規ユーザー特典として“大空翼”を配布中です。
アプリ版でプレイする場合は、App StoreまたはGoogle Playからアプリをダウンロードして始めることができます。
キャラクターを収集・育成し、他のプレイヤーと対戦しましょう。
 

当記事にはプロモーションが含まれています

自転車にも青切符が導入される?交通反則通告制度の対象となる自転車の違反行為とは


今回は、自転車にも青切符が導入される可能性があるという話題についてお伝えします。
 

青切符とは何か

青切符とは、正式には「交通反則通告書」と呼ばれるもので、自動車やオートバイなどの運転者が、一定の道路交通法違反(反則行為)をした場合に、警察から交付されるものです。
反則行為とは、比較的軽微であって、現認、明白、定型的なもので、例えば信号無視や一時不停止などが該当します。
青切符を受け取った場合は、反則金を納付することで、刑事罰を受けることはありません。
 

自転車にも青切符が導入される可能性がある

現在、自転車は交通反則通告制度の対象外です。
つまり、自転車の運転で青切符を交付されることはありません。
しかし、自転車の交通事故や違反行為が増加していることから、自転車にも青切符が導入される可能性があるという報道があります。
来年度の通常国会道路交通法改正案が提出される予定で、その中に自転車の青切符の導入が盛り込まれる可能性が高いと言われています。
 

交通反則通告制度の対象となる自転車の違反行為とは

もし自転車にも青切符が導入されたら、どのような違反行為が対象となるのでしょうか。
警察庁の資料によると、自転車についても、自動車等と同様、現認可能・明白・定型的な違反行為については、一律に反則行為とするという案が示されています。
具体的には、以下のような違反行為が該当します。
自動車等についても反則行為とされている違反行為(約110種類)
例:信号無視、一時不停止、通行区分違反(右側通行、歩道通行等)など
自転車に固有の違反行為(5種類)
例:普通自転車の歩道徐行等義務違反など
 
一方、反社会性・危険性が高く、簡易迅速に処理する必要性の低い違反行為や定型性を欠く違反行為については、非反則行為とするという案が示されています。
具体的には、以下のような違反行為が該当します。
自動車等についても反則行為とはされていない違反行為(約20種類)
例:酒酔い運転、妨害運転など
自転車に固有の違反行為(4種類)
例:自転車運転者講習受講命令違反など
 

自転車運転者講習の受講命令とは

自転車の青切符の導入とは別に、自転車運転者講習の受講命令という制度があります。
これは、一定の違反行為(危険行為)を反復して行った場合に、警察から自転車運転者講習の受講を命じられる制度です。
危険行為とは、反則行為のうち、歩行者や他の車両にとって危険性・迷惑性の高い違反行為で、例えば信号無視や一時不停止などが該当します。
自転車運転者講習の受講命令は、違反処理の方法(交通反則通告制度によって処理するかどうか)とは無関係で、上記危険行為を反復して行った場合は、自転車運転者講習の受講命令が課されます。
 

さいごに

自転車にも青切符が導入される可能性があるという話題について、交通反則通告制度の対象となる自転車の違反行為、自転車運転者講習の受講命令、反則金の額、メリットとデメリットについて説明しました。自転車にも青切符が導入されるかどうかは、まだ決まっていませんが、自転車の交通ルールに関する議論は今後も続くでしょう。自転車は、環境にやさしく、健康にも良い乗り物です。自転車の安全で快適な利用のためには、自転車の交通ルールを正しく理解し、遵守することが必要です。

 

当記事にはプロモーションが含まれています

暗号資産の貯まるポイ活とは?おすすめのアプリや注意点を徹底解説!



今回は、最近話題になっている暗号資産のポイ活について、詳しくご紹介したいと思います。

 

暗号資産とは

ビットコインリップルなどの仮想通貨のことで、インターネット上でやりとりできる電子的な資産です。
暗号資産は、価値が変動することで、投資や資産運用の対象となっています。
 
しかし、暗号資産を手に入れるには、取引所で購入したり、マイニングという難しい作業をしたりする必要があります。
そこで、気軽に暗号資産を獲得できる方法として、ポイ活が注目されています。

 
ポイ活とは

ポイント活動の略で、アプリやサイトで様々なアクションをすることで、ポイントを貯めることができる活動のことです。
ポイントは、現金やギフト券などに交換できますが、最近では、暗号資産に交換できるポイ活も増えてきました。
 
暗号資産のポイ活は、リスクゼロ暗号資産運用に挑戦できるというメリットがあります。
また、暗号資産の価値が上昇すれば、ポイントが増えるという可能性もあります。
 
では、どのようなアプリやサイトで、暗号資産のポイ活ができるのでしょうか?
ここでは、おすすめのアプリやサイトをいくつかご紹介します。
 

 

BitWalk(ビットウォーク)

BitWalk(ビットウォーク)は、歩くことでビットコインを貯められるポイ活・ヘルスケア系のスマートフォン向けアプリです。
スマートフォン歩数計に連動して500歩ごとにスタンプを獲得でき、1日で20,000歩相当の最大40個までスタンプを貯めることができます。
このスタンプは1つでおよそ0.05円前後のビットコインが獲得できると言われており、獲得時に10秒から1分程度の広告を閲覧すると獲得量が5倍になります。
純粋に歩くだけでもビットコインを獲得することができますが、ポイ活が目的のユーザーは広告を閲覧しています。
BitWalk(ビットウォーク)はSTEPNのようなブロックチェーンゲームやNFTゲームの一種ではなく、一般的なポイ活アプリです。
歩くことでビットコインを貯めることができる性質上、Move To Earn系のブロックチェーンゲーム・NFTゲームに似ているように見えますが、BitWalk(ビットウォーク)でのビットコイン獲得には、ブロックチェーンの関係がありません。
単純に広告収益をユーザーで分配しているサービスです。
ビットコインは気になるけれど、まずは無料で手に入れてみたいという方にもオススメのアプリでしょう。
 

XRP Walk

XRP Walkは、BitWalk(ビットウォーク)の姉妹アプリで、同じような機能でリップルXRP)を獲得することができるアプリです。
提供会社は同じ株式会社Paddleで、同様に換金では暗号資産取引所の口座が必要です。
XRP Walkも含めて、多くの歩いてポイントを獲得するタイプのアプリは、同一端末なら同じ歩数計を参照しています。
そのため、複数のアプリをインストールし、それぞれのアプリから報酬を獲得しているユーザーがいます。

 

aruco(アルコ)

Aruco(アルコ)は、歩数やゲームで暗号資産が貰えるポイ活アプリです。
歩数に応じてコインが貯まり、コインはビットコインイーサリアムなどの暗号資産に交換できます。
また、ゲームでコインを増やすこともできます。aruco(アルコ)は、暗号資産に興味があるけれど、難しそうだと思っている人にもおすすめのアプリです。

 

まとめ

今回は、暗号資産のポイ活について、おすすめのアプリやサイトをご紹介しました。
暗号資産のポイ活は、リスクゼロで暗号資産運用に挑戦できるというメリットがあります。
また、暗号資産の価値が上昇すれば、ポイントが増えるという可能性もあります。
暗号資産のポイ活は、歩くだけでなく、ゲームやショッピングなど、様々な方法で楽しむことができます。
暗号資産に興味がある方は、ぜひ、暗号資産のポイ活に挑戦してみてください。

 

お題「もっと早くやっておけばよかったと思う事」

当記事にはプロモーションが含まれています

【写真撮影で稼ぐNFTゲーム】SNPIT(スナップイット)

 


SNPITとは?

SNPIT(スナップイット)は、カメラNFTを活用してスマートフォンで写真を撮影し、その報酬をSNPITトークンとして受け取ることができるGame-Fiプラットフォームです。
このプラットフォームは、「Snap to Earn(スナップ・トゥ・アーン)」というコンセプトのもとブロックチェーン技術を用いて写真を撮影して報酬を得るという新しいサービスを提供しています。

SNPITトークンの活用

SNPITトークンは、カメラNFTの性能向上や修理、アプリ内の写真コンテストへの写真投稿、写真バトルなどに使用できます。
また、アプリ内でMATICに交換することも可能です。

ユーザー間の交流

ユーザーは、自分が撮影した写真をアプリ内で共有し、他のユーザーの写真に「いいね」をしたりコメントをしたりすることができます。
さらに、写真バトルでは、自分の写真と他のユーザーの写真を比較し、投票することでSNPITトークンを獲得することができます。

開発元

SNPITは、株式会社GALLUSYS (ガルシス)により開発が行われています。
このプラットフォームは、スマホとカメラNFTを活用して写真撮影を行い、その結果として仮想通貨が稼げる「Snap to Earn (撮って稼ぐ)」が採用されています。

 

 

SNPITの始め方

SNPITの始め方はざっくりと以下の通りです。

暗号資産国内取引所を開設
メタマスクをダウンロードして初期設定
SNPITのアプリをインストール
アプリとメタマスクを接続

SNPITの特徴

SNPITの最大の特徴は、写真撮影という日常的な行為を通じて、ブロックチェーン技術と接触するきっかけを提供することです。
これにより、ブロックチェーン技術や仮想通貨に興味があるが、どのように始めれば良いかわからないという人々にとって、手軽に始められるプラットフォームとなっています。
また、SNPITは、写真撮影というクリエイティブな行為を通じて、ユーザーが自己表現をする場を提供しています。自分が撮影した写真を共有し、他のユーザーと交流することで、新たなコミュニティを形成することが可能です。

まとめ

SNPITは、写真撮影とブロックチェーン技術を組み合わせた新しい形のGame-Fiプラットフォームです。
ユーザーは自分が撮影した写真をアプリ内で共有し、他のユーザーと交流することができます。
また、写真バトルに参加してSNPITトークンを獲得することも可能です。
このような新しい試みは、写真撮影という日常的な行為を通じて、多くの人々がブロックチェーン技術と接触するきっかけを提供する可能性があります。

当記事にはプロモーションが含まれています

 

2024年のトレンド予測:ヤフー・データソリューションが提供する「DS.INSIGHT Trend」から見える未来


ヤフー・データソリューションが提供する「DS.INSIGHT Trend」が、ビッグデータとAIを活用して、2024年に流行する可能性のある10のアイテムを予測して発表されました。
それでは、確認していきましょう!

ビヨット


引用:DATA SOLUTION

韓国で人気のヨーグルトの商品名です。健康志向の高まりとともに、この新しいヨーグルトは注目を集めています。


ぬいポーチ


引用:DATA SOLUTION

ぬいぐるみポーチの略で、好きなアイドルやキャラクターの推しぬい(推しのぬいぐるみ)を収納して、普段のお出かけやイベントに持ち運ぶことを目的としたモノです。


赤ちゃんスクイーズ


引用:DATA SOLUTION

握ったり伸ばしたりしてもすぐに元に戻るふわふわとした触り心地のよいおもちゃの商品のことで、それを赤ちゃんの形にしたものです。


BeReal


引用:DATA SOLUTION

フランス生まれのSNSで、リアルな日常のシェアがメインです。自分らしさを大切にしたい方におすすめです。


林檎堂


引用:DATA SOLUTION

青森県などの旬の林檎を使用するりんご飴専門店です。甘酸っぱいりんご飴は、一度食べたら忘れられない美味しさです。

旬の桃が美味しい 桃スイーツ専門店 :PR


運命の巻戻士


引用:DATA SOLUTION

木村風太氏が描く漫画のタイトルで、主人公クロノが、時間を巻き戻す能力を駆使して人々を救っていく物語です。


 MyEdit


引用:DATA SOLUTION

台湾に本社を置くサイバーリンク社が提供している、ブラウザ上で画像編集や音声編集ができるオンライン写真・音声編集サイトです。


24スイーツショップ


引用:DATA SOLUTION

24時間いつでも好きな時にスイーツを買うことができるスイーツ専門無人販売所のことです。

 


恋みくじ


引用:DATA SOLUTION

おみくじ堂が提供する恋愛に特化したおみくじを引くことができるサイトです。10代女性おいてムーブメントが起きています。


バーチャルリアリティVR)フィットネス


引用:DATA SOLUTION

VR技術を活用したフィットネスが増えています。自宅で楽しみながらエクササイズができるため、多忙な現代人にとっては非常に便利です。
また、VRを使ったフィットネスは、エンターテイメント性が高く、運動が苦手な人でも楽しみながら取り組むことができます。


以上、DS.INSIGHT Trendが予測した2024年に流行する可能性のある10のアイテムをご紹介しました。
これらのトレンドは、私たちの生活をより豊かで楽しいものにしてくれることでしょう。
皆さんもぜひ、これらのトレンドをチェックしてみてください。

 

引用元:

ds.yahoo.co.jp

当記事にはプロモーションが含まれています